ASA国立西部 口コミ&アンケート情報

<< 前のページへ戻る

口コミ&アンケート結果レポート!

10月のプレゼントの際、思いつくままに『俳句や川柳』を募集したところ、
以下のような回答を頂きましたのでレポートします!

 思いつくままに俳句や川柳をお書き下さい(テーマは自由)。
 

 
俳句など
氏名・ペンネーム
特大の 梨が我が家の 秋の入り
収獲の秋になり、特大の梨を頂きました。これぞ”秋”の代表果物を、今年の秋を感じる最初の果物としてありがたく頂きました。(大き過ぎて1回では食べ切れなかったが…)
谷保 K様
秋空に 柿のだいだい うかんでる
柿が色づいて、色がない景色の中にぱっとひときわ目につくと、秋だなあと感じる。四季のある日本はいいな。
青柳 K様
スーパーで まばゆく光る 秋刀魚の腹
秋は「味覚の秋」というだけあって、美味しいものばかり。その中でも、秋刀魚は絶品なので、スーパーで吸い寄せられるように思わずカゴに入れてしまいます。
谷保 I様
松茸や 我が家で逢おう 今年こそ
今年は手が届く値段と知り、わくわくしています。
谷保 K様
栗ご飯 水少なくて パッサパサ
栗ご飯を楽しみに家に帰ったら、嫁さんが水加減を間違って、ご飯がパッサパサでした。。。
富士見台4 M様
そば喰えば 鐘が鳴るなり 深大寺
秋の昼時、深大寺の門前そば店で、二階小座敷に上り、そばを食べていると、折から寺の鐘がゴーンと鳴り響き、思わずこの一句を披露した(この鐘も今は二代目です)。正岡子規の有名な法隆寺の句のもじりです。
谷保 K様
血糖値 下がってくれと のぞみつつ 空を見上げて 歩く楽しみ
本心は、甘い物、食べたーい。
谷保 S様
夏過ぎて 食欲もどり ちと悲し
青柳1 S様
やせたいよ おいしい秋が じゃまをする
新米が美味しくて、たまりません。
青柳 M様
秋の日の たそがれ時の おだやかさ
たまの休日にゆったりしました。
富士見台2 Y様
あきだけど まったくさむく ならないな
小4の娘が作りました。
谷保 T様
秋深し 部屋の窓から 富士を見る
国立に引っ越してきて3年すぎ、ようやくゆっくり朝夕見える事が嬉しいです。
さくら様
猛暑の後もちゃんと秋
暑かった夏の後は、しっかりと季節がめぐる。
青柳3 K様
肌寒に あの暑さまで なつかしむ
今年のひどい暑さも、気温が下がると、あっという間に忘れてしまいます。
谷保 Y様
日々寒く 新聞記事に 冬感じ
新聞記事の裏表を考えると、生活苦、善悪、殺人、等々欲得の世界、これからどうなるのか。
泉3 I様
私にとって 社会の窓口 朝日新聞
毎日、朝日新聞を読むことから始めます。
富士見台4 T様
秋深し 猫の寝姿 見て思う 気持ちよさそう 何夢みてる
幸せそうな寝顔を見て、こちらも幸せな気持ちになりました。
M.K様
”泡立”も 小ぶりに咲いて 古希往くか
あの頃から半世紀あまり。外来の泡立草の丈も短くなり、色合いも大人しくなった。古希の年の秋も往かんとしている。
K.I様
晩秋に 美しく咲く 朝顔や
暑い夏が終わっても、強く美しく咲く生命力を見倣いたい。
谷保 K様
ねんねこよ さきにめをとじ あさになる
1才の娘を夜、寝かしつけるが、育児・家事にクタクタの私が先に寝入ってしまい、目が覚めると朝。
カットちゃん様
秋空や 孫に誘われ 遊園地
遊園地はジジ・ババにはとても疲れるけど、孫には2つ返事でOK。予算の方もOK。
富士見台1 K様
来春の 願いを込めて 弁当作り
二人の受験生の桜を咲かしたく、母の願いを込めて、毎日弁当を作っています。
谷保 K様
「おくちあーん」 わたしはこども 歯医者では
今年40才になり、年齢を感じる毎日。歯のクリーニングに行き、初めて会った若い歯医者に言われた言葉。
富士見台2 K様
月の夜 便りなければ 父小康
94才の父が肺炎で一時危篤だあったもので。
富士見台1 K様
百七歳の母 曾孫と 共に歌えり でんでん虫
今年10月、百七歳の母を囲んで誕生日を祝い、曾孫が童謡を歌い、母も共にみんなも歌った。
谷保 E様
チリに視る 命のきずな 家族愛
チリでの落盤事故で、改めて命の大切さを感じたが、家族との手紙での文通が大きな絆(励まし)であった。
K.K様
天災も 一瞬から 幸あれと
チリ落盤事故、全世界が見守ってきた想いをこめた一句。
富士見台2 T様
雨降りは まったりとした 時間がすぎ
いつも忙しくしているが、雨が降り、外がシーンとしていると時間がゆっくり過ぎていくように感じる。
トントン様
湯楽の里 入浴券 お願いします
谷保 S様
 

ご協力ありがとうございました!
正直なところ、どのくらい集まるのか不安もありましたが、ふたを開けてみれば・・・
クスっと笑える句から、心情がしみわたる句等、大変多くの作品が届きました。
たまには、句を作るのも良いものだと思いませんか?

<< 前のページへ戻る