ASA国立西部 口コミ&アンケート情報

<< 前のページへ戻る

口コミ&アンケート結果レポート!

5月のプレゼントの際、『梅雨対策(湿気・カビ・食中毒等)』についてアンケートしたところ、以下のような回答を頂きましたのでレポートします!

 
梅雨対策(湿気・カビ・食中毒等)
 

湿気・カビ対策
 
★ 換気

お便り
氏名・ペンネーム
お風呂に入った後は、毎日必ずしばらく窓を開けて換気をしています。 谷保 U様
湿気に関してはとにかく換気!雨の次の日などは窓を開けて風通しをよくする! 富士見台2 N様
雨が降っていても、窓を少し開けて(2ヶ所以上)、風の通りをつくる。 富士見台1 U様
晴れた日は窓を開け放して、湿気を撃退する。 富士見台1 T様
こまめな換気を心がけています。 めん好き様
小型扇風機、常に作動させています。 富士見台2 T様
窓をよく開ける。 谷保 I様
とにかく換気です。 富士見台1 M様

★ 除湿

お便り
氏名・ペンネーム
スーパーで箱入りの炭を買い、2〜3ケづつ紙に包んだものをタンスや戸棚の中など、あちこちに置きます。カラリと晴れた日に天日に干して、炭は再生されるとか…もう十年以上使い続けています。 元気おばん様
布団の下に湿気取り(敷パッド)を敷いて、カビ防止しています。布団乾燥機も使用しています。 Fu様
風通しの悪いところに湿気とりを置いておく。驚くほど、水が溜まります。 のぞめぐ様
湿気対策に炭を置く。 谷保 K様
除湿器をかける(除菌もできるタイプ)。 谷保 N様
クーラーは冷房運転よりドライ運転。 カンコ様
除湿器フル回転。 青柳1 Y様
除湿機ですね。 富士見台2 Y様

★ カビ対策(お風呂)

お便り
氏名・ペンネーム
とにかく換気!換気!換気!です。お風呂は入浴後、スムージー(プラゴムのヘラ)で浴室の壁の水を落としています。たったの30秒で終了。これは劇的に効きます!! のほほん様
おふろあがりは冷水で浴室内を流します。その後は窓を全開にし、カビ対策をしています。 アクシス様
お風呂を出る前に、壁やドアをタオルで拭く。カビが生えにくい。 S様

食中毒対策
 
★ 梅干し

お便り
氏名・ペンネーム
毎年、梅干しを作っているので、夏場のお弁当には梅酢を2合に大さじ1〜2杯入れ、梅干しも必ず入れています。添加物のない安心な梅干しは無くてはならないものです。 ミルフィーユ様
食中毒予防、特に弁当は必ず梅干しを入れます。 K様
食中毒対策で、ご飯を炊く時、梅干しを一つ入れています。 M様
食中毒対策、梅肉エキスを飲んでいます。梅も良いです。 谷保 S様

★ 調理法・お弁当

お便り
氏名・ペンネーム
ハンバーグを作る時に、お酢を大さじ1位入れて、混ぜて作ります。味は全く変わりませんが、半日後の細菌数が全然少なくなることをTVで見ました。お弁当の時など安心と思います。 富士見台1 K様
肉は使い切る分だけ買い、野菜は温野菜やピクルスにして、2〜3日で食べきるようにする。 ミドリ様
お弁当には保冷剤を入れます。梅雨はサンドウィッチはゆで卵じゃなく、炒り玉子にします。 グンペ様
お弁当には必ず保冷剤を付ける。 カンコ様
食べ物はなるべく火を通したものを出します。 谷保 N様

★ 除菌・消毒

お便り
氏名・ペンネーム
食中毒予防に熱湯でまな板の消毒をしています。余ったおかずは必ず冷蔵庫に入れ、食べる時はしっかり火を通します。 谷保 K様
この時期は特に冷蔵庫の点検・過信に注意する。また、まな板・包丁・ふきんなど、心して清潔にする。 富士見台1 K様
まな板の除菌はまめにする様にしています。 青柳 K様

★ 保存法

お便り
氏名・ペンネーム
食中毒は怖いので、夜の残り物など必ず冷蔵庫に入れるようにします。 富士見台2 N様
食品は何でも冷蔵庫に入れる(パンなど!)。 谷保 H様

洗濯物対策・消臭

お便り
氏名・ペンネーム
洗濯物を乾かす時は扇風機が便利です。 谷保 S様
梅雨の季節の部屋干しは、脱水を2度、扇風機を回しながら部屋干しを。 カブキアゲ様
室内干しが増えるため、アロマを炊いたり、ルームスプレーを使用して、不快を軽減します。 K様
アロマのティーツリー精油(ペパーミント)を使って、ルームスプレーを手作りする。 青柳1 K様

雨の日の遊び場

お便り
氏名・ペンネーム
雨で外遊びができない時は中央図書館がお勧め。2階の児童室は明るくゆったりして、親子で絵本が楽しめます。土曜日午前10時から”絵本の時間”、午後2時と3時から”おはなしの時間”を開催しています。 ミドリ様
 

ご協力ありがとうございました!
毎年のことですが、この時期の湿気は悩みどころです。
不快指数は高いですし、カビは映えるし、洗濯物は乾かず、食中毒も心配…。
皆様からのアンケートを参考にして、今年の梅雨を乗り越えましょう!

<< 前のページへ戻る